精密機械の運送にはどのような技術が使われているの?

精密機器輸送に関する総合情報サイト

精密機器輸送に使われる特殊車両

皆さんは、精密機器と聞くとどのようなものを思い浮かべるでしょうか。
ロボット、コンピュータなどがメインになるかもしれませんが、実はそれ以外の機器も精密機械に含まれます。

精密機器の大きな分類として、ロボットやコンピュータのほか、「医療機器」「精密測定機器」「天体望遠鏡」「工作機器」「光学機器」「分析機器」「福祉機器」「電子機器」などが挙げられます。

一番大きな市場となっているのはやはりコンピュータですが、次に大きいと言われているのが「医療機器」です。
具体的には、MRI、CT、内視鏡、人工呼吸器などが挙げられます。
いずれも人の命に関わるものですし、高額なので輸送にあたっての失敗は許されません。
一旦失敗すると、億単位の賠償金が発生するものばかりです。

皆さんが意外に感じられるのが、「天体望遠鏡」でしょう。
最近の天体望遠鏡は高度化していて、観測にも正確な測定値が求められます。
輸送で何らかのトラブルが発生すると、全世界規模の研究や観測に影響が出ることも少なくありません。
また、観測所の多くは山の上やへき地にあり、輸送自体が非常に困難です。
輸送業の技術が試されると言っても過言ではありません。

最近大きくなっていると言われているのが、「介護機器」の市場です。
具体的には電動ベッドや車いす、歩行訓練機器などが挙げられます。
一般的にこれらの機器が皆さんのお手元に届く際には、中小規模の業者や介護施設が介在することがほとんどです。
しかし、業者や介護施設にはそれなりのロットで納品されることになるため、必然的に輸送業者が関係することになります。

このように、様々な種類がある精密機器。
一体、どのように運ばれているのでしょうか。

精密機器の定義とは

精密機器の輸送にあたっては、専用の特殊車両が使われます。 基本的な機能はどの輸送会社でも共通ですが、中にはそれに色々な機能を追加した特殊車両を導入することで、他社との差別化を図っている輸送会社もあります。 一体、どのような機能が搭載されているのでしょうか。

精密機器輸送に使われる特殊技術

精密機器を輸送する際には、特殊な技術が必要になってきます。 中には、一見精密機器とは関係なさそうな技術もあるのですが、その技術が他社との差別化を可能にしている場合もあります。 それらの技術はどのようなもので、どのような案件に由来しているのでしょうか。

精密機器輸送に携わる人材

精密機器輸送に携わる人材には、それなりの研修と教育が必要になります。 輸送技術はもちろんのこと、技術以外の部分でも徹底的な教育をする企業が少なくないようです。 本丸の技術部分だけでなく、なぜ技術以外の部分の教育も必要なのか、詳しく見ていきます。